Q&A

スキンケア商品に関すること

ハーブクリームをのばすと金がなくなりますが、体の中に入ってしまうんですか?
いいえ、体の中には入りません。
純金箔は目に見えないだけで、微粒子となってお肌の表面を覆っています。商品に配合されている金箔は体に害を及ぼすことはありません。
敏感肌の人が使っても大丈夫ですか?
ロイヤルハーブシリーズは、普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌の4つの肌タイプの方にお使いいただけます。敏感肌の方は、初めて使用する化粧品に対して不安のある方は、まずはパッチテストを行って、お肌の様子を見ていただくことをおすすめします。 「パッチテスト」
  • 1)上腕の内側(皮膚の柔らかいところ)にクリームをつけます。
  • 2)24時間から48時間放置して、様子を見てください。
  • 3)特に異常がなければ、部分的にお顔に試してください。
フェイスクリーニングは毎日してはいけないのですか?
毎日する必要はありません。
お肌の状態に合わせて、週に1~2回が理想的です。
医薬部外品とは何ですか?
一般的なスキンケア用品は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。
「化 粧 品」…身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、皮膚や毛髪を健やかに保つもの。
「医薬部外品」…特定の効能効果について承認されているもので、医薬品に比べて人に対する作用が緩和なもの。
「医 薬 品」…お肌や身体の治療や予防を使用目的としているもの。

MSローションに関すること

クリームの代わりに使用してもいいですか?
MSローションはクリームの前にご使用いただく事で、お肌を柔らかくしてなじみがよくなります。クリームと合わせてご使用ください。
ローションマスクに使用してもいいですか?
マスクにはEXローションまたは21ローションをご使用ください。
お好みで、「MSローション」、「クリーム」、「ローションマスク」の順でお使いいただけます。
エイジングケアとありますが、若い方が使用してもいいですか?
お肌の状態やお好みでお使いいただいてかまいません。

洗顔に関すること

洗顔料は弱酸性ですか?
ハーブソープやハーブフォームは弱アルカリ性です。アルカリ分は、硬くなった角質を柔らかくして毛穴の汚れを落としやすくするので、香料や色素を含まない弱アルカリ性の洗顔料が望ましいのです。
また皮膚は弱酸性ですが、弱アルカリ性の洗顔料を使ってもお肌を中和させる働き(アルカリ中和能)をもっていますので、洗顔後は弱酸性に戻ります。
クレンジングは必要ないのですか?
ローズメイクをご使用の際はハーブソープやハーブフォームでの洗顔だけで、クレンジングは必要ありません。メイクの汚れも、正しい洗顔方法で2度洗いをすればきれいに落とすことができます。
朝の洗顔は、洗顔料を使わなくてもいいのですか?
朝の洗顔も洗顔料を使用する事をお勧めします。皮膚は、眠っている間にもターンオーバーを繰り返して皮脂や汗を分泌しています。そのため、お肌の表面は古くなった角片や皮脂が混ざりあい、空気中のチリやホコリも付いている状態になっています。朝も、ソープやフォームできちんと洗顔しましょう。(一度洗いで大丈夫です)
洗顔する時に、たくさんの泡を立てるのはなぜですか?
お肌の汚れをしっかり落とすためです。キメ細かい泡を多く作ることで小さな気泡がたくさんできて、細かい部分の汚れまできちんと落とすことができます。
また、泡の弾力によってお肌への摩擦や負担がなく洗い上がります。
ロイヤルのソープやフォームはどちらを選べば良いですか?
こだわりの植物性成分を配合したロイヤルのソープ&フォーム。
どちらも泡立ち良くすっきりした洗いあがりでつっぱりません。使用感や形状などお好みでお選びください。お顔にはソープかフォーム、APソープはボディーにご使用いただけます。

ローションマスクに関すること

脂性肌でもローションマスクは必要ですか?
お肌のタイプに限らず必要です。
皮脂の分泌量が多い脂性肌の方は、ローションマスクで水分を補給することによって、皮脂分泌のバランスも整ってきます。
ローションマスクは、週に1回とありますが毎日でもよいのでしょうか?
毎日でもかまいませんが、週1回を目安に乾燥が気になるときやお肌のほてりをしずめたいときのご使用をお勧めします。朝にしていただくこともできます。
ただしフェイスクリーニングを行った日は避けてください。
なぜ、フェイスクリーニング後は避けた方がよいのでしょうか?
ターンオーバーを整えるフェイスクリーニングとうるおいをたっぷり補うローションマスクとは目的が違うからです。
ローションマスクの時間は5分ほどと聞きましたが、それ以上の時間をおいてはいけないのですか?
5分を目安にしてください。
皮膚温度や室内の温度・湿度の影響を受けながら約5分程で乾き始め、皮膚の水分を奪ってしまいかねません。
5分というのは、マスクシートが乾くことなく充分に保湿できる目安です。
※「ロイヤルハーブEXローションマスク(3枚入)」はマスクシートの材質・大きさが違うため、10〜15分を目安にご使用ください。
ローションマスクの後、なぜもう一度ハーブクリームをつけるのですか?
ローションマスクで補った保湿をさらに持続させるためです。
マスクでたっぷりとうるおいを与えた後、ハーブクリームをつけることによって、さらにうるおいを長持ちさせます。
[洗顔]-->[MSローション]-->[クリーム]-->[ローションマスク]-->[クリーム]
15~20プッシュほどのハーブローションをお肌につけて、あとから水で濡らしたマスクをのせてもいいのでしょうか?
ハーブローションをマスクに浸してお使いいただくことで、お肌をゆっくりとリラックスさせながらうるおいを補給するので、お肌のすみずみまで効果的にできます。正しい美容法を行ってください。

ヘアケアに関すること

ハーブとAPのヘアケア商品は、どのように使い分ければよいですか?
ハーブヘアケアシリーズは毛髪に、APヘアケアシリーズは頭皮に着目してつくられました。お悩みや髪状態にあわせてお選びください。

ハーブシャンプー&トリートメント

  • お肌と同じように乾燥する髪にうるおいを与えてクシどおりを良くします。
    また、しなやかな髪を守り、ツヤやコシのある健康な状態に整えます。
  • ・シャンプー 豊かな泡立ちで、髪の汚れや余分な皮脂を取り除き、うるおいのあるしなやかな髪に。
  • ・トリートメント 髪のコンディションを整え、自然でツヤのある髪に。

APシャンプー&トリートメント

  • 「理想的な髪は、健康な頭皮から」をコンセプトに、頭皮をケアすることで毛髪をすこやかに整えます。
  • ・APシャンプー O:頭皮の皮脂やベタつきが気になる方
  • ・APシャンプー D:頭皮の皮脂やパサつきが気になる方
  • ・APトリートメント:枝毛・切れ毛が気になる、髪にコシのない方
AP育毛ローションは朝・晩使用しなければなりませんか?
いずれか1度でかまいませんが、洗髪してタオルドライした後の清潔な頭皮へのご使用をお勧めします。

育毛ローションの特長

  • ・毛髪環境を整える薬用育毛ローションです。
  • ・頭皮を柔軟に保ち抜け毛を防いで、髪の成長と発毛を促進します。
  • ※ヘッドマッサージをプラスすると、よりすこやかな頭皮に。

ボディーケアに関すること

ボディーも乾燥するのですが...。
保湿成分配合のハーブボディーシャンプーをお勧めします。クリーミーな泡でお肌の水分を守りながらやさしく洗いあげます。その後はAPクリームでの保湿をお勧めします。ゴシゴシと摩擦をしたり、熱すぎるお湯は避けましょう。
APシリーズって?
どんなに良い化粧品でも、食品同様にまれに「合わない」という方たちがいます。何かしらのトラブルを抱えていたり、体質からくるものであったりと状態はさまざまです。「それでも、何とかきれいになっていただきたい」そんな思いから研究が始まり、誕生したのが医薬部外品のAPシリーズです。トラブル等を抱えたお肌にうるおいを与え、保水機能を整えるボディ用ケアシリーズです。
なぜ、APクリームはアトピーや敏感肌に良いのですか?
APクリームは、アトピーを改善するものではありません。
乾燥による手足のカサつきや肌あれを緩和し、角質層内の隙間に水分を充分に補うことで、外からの刺激などを内側に取り込まないようにお肌を保護してくれるボディ用クリームです。小さなお子さまや健康なお肌の方にもお使いいただけます。
APクリームの使い方は?顔に使用しても良いですか?
お顔には、ハーブクリームをご使用ください。

APクリームの使い方は...

  • ・乾燥している部分や、ひじ・ひざ・かかとなどにお使いください。
  • ・一度にたっぷりつけるよりも薄く重ね塗りすることをお勧めします。
カサカサしている所にAPクリームをつけたら「しみた」のですが、使わない方が良いですか?
乾燥しているお肌は、目に見えないほどのキズがあって荒れていることが多いため、APクリームに配合されている「メントール」という成分が、ほんの少し「しみる」場合があります。(ひび割れやあかぎれも同様)この場合、APクリームを手の平の体温で温めてからお使いいただくと、「しみる」のが緩和されます。

お肌の悩みに関すること

シミは取れますか?
化粧品ですので、シミを取ることはできません。
シミの原因はさまざまですが、日ごろから正しいお手入れを続けることでお肌のターンオーバーのリズムを整えておくことが大切です。
週に1~2回のフェイスクリーニングで、角質を柔軟に保ちましょう。
また、シミの大きな原因となる紫外線対策を1年を通じて行いましょう。
シワはなくなりますか?
化粧品ですので、シワをなくすことはできません。
ハリのあるみずみずしいお肌を保つためには、充分な保湿が大切です。
毎日のお手入れの中で充分に保湿することはもちろんですが、紫外線や冷暖房による乾燥を防ぐように心がけましょう。また、食事バランスや睡眠も大切なポイントです。洗顔も正しく行いましょう。
ニキビは治りますか?
化粧品ですので、ニキビを治すことはできません。
角質が厚くなり毛穴を狭くしてしまうことで、そこに皮脂や汚れがつまってニキビができやすくなる場合が多いですから、日ごろからお肌を清潔に保つことが必要です。洗顔料をよく泡立てて正しく洗顔し、充分にすすぎ流します。
洗顔後は、こすらずに軽くおさえるようにふき取り、水分を補給しましょう。
フェイスクリーニングでお肌を柔らかくしておくことも大切です。
ニキビを隠したいのでファンデーションをつけても良いですか?
ニキビができている間は、ポイントメイクをお勧めします。
ファンデーションをお使いになりたい場合は、パウダーファンデーションUVで軽くテカリをおさえる程度にしましょう。手で触れたり、髪が触れて刺激になったりしないようにも注意しましょう。
毛穴が目立って見えるのですが、どうしたらよいでしょうか?
余分な皮脂や汚れが毛穴につまっていたり、老化によるたるみなどは毛穴が目立ってしまう原因となります。毎日の洗顔を弾力ある泡で洗い、汚れを残さない事が大切です。週に1~2回のフェイスクリーニングで、古い角質や毛穴の汚れを取り除いてたっぷりの保湿で柔軟性を保つようにしましょう。

ロイヤルファミリーサイト

ロイヤル化粧品の会員限定のWebサイトです。

商品などのお問い合わせはこちらへ

0120-699-611

ページの先頭へ